ジバングー JIBANGOO

ハザードマップ(被害予測地図)とは?

ハザードマップ(被害予測地図)とは?

近年、地震や火山など、想定外の自然災害が多発しています。そんななか、洪水や土砂災害、津波災害などの災害を想定した「ハザードマップ」の注目度が高まっています。ハザードマップを正しく活用することは、いつ発生するかわからない災害に備えるためにとても重要です。ここでは、ハザードマップを上手に活用するためのポイントを紹介します。

ハザードマップとは

ハザードマップとは、洪水や土砂災害、津波災害などの災害が発生した際に、危険を伴う可能性のある場所や避難場所など、災害時に必要な情報をまとめた地図のことです。ハザードマップには、「重ねるハザードマップ(http://disaportal.gsi.go.jp/)」と、「わがまちハザードマップ」の2種類があるので、以下で詳しく紹介します。

#重ねるハザードマップ
洪水や土砂災害、津波のリスク、道路の防災情報などを地図や写真に重ねて表示できるハザードマップです。災害リスクだけでなく、土地の特徴や成り立ちなども確認できます。使い方はとても簡単。ホームページ内の指定箇所に自宅の住所を入れるだけで、自宅周辺の情報を得られます。自分の居住する地域が、どのような災害に弱いのかが一目瞭然です。航空写真に災害リスクを重ねられるので、イメージがつきやすい特長もあります。

#わがまちハザードマップ
居住する市町村役場でもらえるハザードマップです。各市町村や国土交通省のホームページでも確認でき、ダウンロードも可能です。普段から手元に置いておいたり、目につく壁に貼ったりしておけば災害時すぐに確認できるメリットがあります。わがまちハザードマップのポータルサイトには、日本中のハザードマップが集められているため、自分の住む地域だけでなく他の地域の災害リスクも確認できます。

台風情報や豪雨など、災害のリスクが高まってから、もしくは災害が起きてからハザードマップを見ても遅いですね。ハザードマップを日頃から確認し、いつ発生するかわからない自然災害に備えておくことが命を守ります。

主なハザードマップの種類

ハザードマップは、居住する地域が抱える災害リスクを確認できます。しかし、災害リスクには河川の氾濫や津波、火山噴火などさまざまな種類があります。住む地域によって見るべきハザードマップの種類が異なるため、注意が必要。ここでは、主なハザードマップの種類を紹介します。

#河川浸水洪水ハザードマップ
台風やゲリラ豪雨などによって大雨が降ると、河川の堤防が決壊する恐れがあります。そのような、堤防が決壊したときの浸水範囲や深さ、洪水時の避難場所や避難経路などが記載されているハザードマップです。

#土砂災害ハザードマップ
大雨によって地盤が緩んだときに起きるがけ崩れや地すべり、土石流などのリスクが記載されています。土砂災害が発生したときの避難場所や避難経路も載っています。

#地震災害ハザードマップ
地盤や断層の状態を元に作成されたハザードマップです。地震による揺れや急傾斜地の崩壊、地盤の液状化や火災などのリスクが記載されています。

#津波・高潮ハザードマップ
平均海水面からの高さを示す海抜や、津波や高潮が起きたときに浸水の恐れがある地域などが記載されているハザードマップです。津波発生時に逃げるべき高台の方向や避難場所、避難経路なども一緒に記されています。

#火山防災ハザードマップ
火山の近くに住む人だけでなく、登山者や観光客のために作られたハザードマップです。火山噴火による火山泥流等の被害予想や被害の範囲、避難するときの心得や避難方法などが記載されています。

ハザードマップ活用のポイント

自然災害は、いつ起きるかわかりません。しかし、ハザードマップを見ておけば、自分の住む地域にどのような災害リスクがあるのかを知ることができます。つまり、実際に起こる可能性の高い災害被害を想定しながら、具体的な備えができるのです。ここでは、ハザードマップの活用ポイントを紹介します。

まず、自分の居住する地域に関係するハザードマップを市町村役場や国土交通省・各自治体のホームページなどで入手しましょう。ハザードマップを手に入れたら、自宅はもちろん、学校や勤務先など自分や家族が関係する場所に〇をつけます。〇をつけた場所の災害リスクが高い場合は、避難場所や避難経路も確認します。それぞれの災害によって避難場所や避難経路は変わってくるので、洪水被害のときはどうするか、地震被害のときはどうするかなどを家族で話し合っておくことも大切です。

また、大規模な災害が発生した場合、電車やバスなどの公共交通機関が利用できなくなる可能性があります。学校や勤務先で被害に遭ったときに、徒歩で自宅に帰れるルートを見つけておきましょう。さらに、家族がバラバラになったときに災害が起きた場合の集合場所や、災害時でもつながりやすい電話回線を使用した伝言板システム「災害用伝言ダイヤル(171)」の利用方法も併せて確認しておくと防災に役立ちます。

災害ごとに確認する

ハザードマップには、上手に活用するためのポイントが3つあります。1つ目は、災害ごとにハザードマップを確認することです。一口に災害といっても、さまざまな種類があり、さまざまな被害が考えられます。そのため、災害によって避難場所や避難経路が異なる場合も少なくありません。ハザードマップは災害ごとにしっかり確認しましょう。

#浸水被害のリスクが高い場合
大雨によって河川の氾濫リスクがある場合は、冠水ルートを避けて避難場所まで行けるルートを探します。ハザードマップは浸水時の水の深さによって色分けされているため、なるべく危険のない道を選びましょう。なお、近くに川がない、土地が高いからといって安心してはいけません。土地によっては大雨が降ると地盤が緩み、危険を伴う場所もあります。必ず、ハザードマップを確認しておきましょう。

#土砂災害のリスクが高い場合
大雨によってがけ崩れや地すべり、土石流などの土砂災害のリスクがある場合、災害が発生する前に危険区域から離れなくてはなりません。土砂災害ハザードマップを確認し、危険区域に自宅や学校、勤務先がある場合は最短の避難ルートを見つけておく必要があります。そして、土砂災害の危険が高まったときは一刻も早く避難することが重要です。

#津波・高潮のリスクが高い場合
津波・高潮による被害の恐れがある地域の人は、ハザードマップで想定浸水区域と海抜情報を確認しておきましょう。津波・高潮の恐れがあるときは、高い場所への避難が命を守ります。一番近くにある頑丈で高い建物や「津波避難ビル」を見つけておくことも重要です。普段から、避難経路を意識しておくとよいでしょう。

#地震被害のリスクが高い場合
地震が発生したら、公園など落下物の心配がない広い場所や火災の不安がない場所に避難します。地震ハザードマップには、液状化のリスクや予想される被害、震度予測などの情報も記載れています。避難所自体が被害を受ける可能性もあるため、いくつかの避難場所と避難経路をあらかじめ確認しておくことが大切です。

定期的に確認する

ハザードマップを上手に活用するためのポイントの2つ目は、定期的に確認することです。ハザードマップは、経年や状況に応じて更新されます。つまり、今の時点で災害リスクが低い場所も、今後はどうなるかわからないということです。特に、近年は大雨による大規模水害が頻発しているため、「この辺は大丈夫だろう」と安心するのは危険です。被害範囲が広がっていないか、避難場所や避難経路が変わっていないかなど、定期的にハザードマップを確認し、備えておきましょう。なお、更新時期は各自治体によって異なるので「半年ごと」、「1年ごと」など自分でタイミングを決めておき、忘れずに確認するとよいでしょう。

あくまで防災の一つの指標にすること

ハザードマップを上手に活用するためのポイントの3つ目は、ハザードマップを盲信しすぎないことです。ハザードマップは、その土地の成り立ちや特徴、地層などから想定される災害を記載したものです。自分が住む地域や学校、職場の災害リスクを知るうえで最も信用性があり、役に立つツールです。しかし、ときに自然災害では想定外の自体が起こり得ます。その証拠に、近年の自然災害は今までになかったような想定外の被害が発生しています。

「ハザードマップで、この辺は安全だったから」と、ハザードマップを盲信しすぎるのは危険です。命を守るには、最悪の事態を踏まえて最大限の備えをすることが大切です。まさに、備えあれば憂いなしといえるでしょう。

家選びの基準にもなるハザードマップ

ハザードマップは、今住んでいる家や地域の土地を調べたり、学校や勤務先の災害リスクを知ったりするのに役立ちますが、実はそれだけではありません。これから土地選びをしようと考えていている人にとっても、大事な情報が記載されているのです。家を探すときの条件は広さや駅からの距離、費用など人それぞれですが、その土地の災害リスクを知ることも土地探しの重要なポイントのひとつ。安心・安全に暮らす家を探すには、ハザードマップの閲覧は欠かせないでしょう。

なかには、「頻度の低い災害を条件に入れるなんて」と考える人もいるかもしれません。しかし、賃貸住宅と違い、マイホームは一度購入したら簡単には引っ越せないので、購入する前に必ずハザードマップで土地の情報を確認するようにしましょう。その土地の特徴によって必要な保険を考える必要もあるでしょう。ただし、災害のリスクが低い安全な土地は、安全性が高いとみなされ土地代も高くなりがちです。マイホームにおいて何を優先するかはその家庭の考え方によって異なります。優先順位をつけるためにも家族間でしっかり話し合うことが大事です。

おわりに

いつ発生するかわからない自然災害は、洪水被害や土砂災害、地震災害などさまざまな種類があります。近年、想定外の災害が頻発しているため、しっかり備えておくことが大切です。特に、自然災害の多い日本では、防災意識を日頃から高めておく必要があります。ハザードマップを上手に活用したり、家族で話し合ったりして大切な命を守りましょう。

全ての記事をみる